経営計画が立つ

住宅模型

金銭トラブル

アパートやマンションの経営で最も代表的な金銭トラブルが、言うまでもなく家賃の滞納になります。家賃収入がなければアパートやマンション経営は成り立たなくなってしまいます。現実的には家賃の遅延や滞納は、日常的に起こってきています。賃借人が家賃の支払いができなくなったときに、一般的に行われているのが賃貸契約を結んだ時に連帯保証人を立てて賃借人が家賃の支払いができなくなったとき、連帯保証人から滞納分を回収するといった昔ながらの方法です。この方法で滞納トラブルが上手に回避できているかといえば、必ずしもそうとは言えないのが現状になっています。そこでお勧めしたいのが、家賃債務保証システムの利用です。家賃債務保証システムというのは、賃貸契約の時に家賃債務保証会社が連帯保証人の代わりになるというものです。家賃債務保証会社が賃貸の契約期間中に賃借人が家賃を滞納した場合、大家さんに対して家賃の滞納分を保証してくれるというものです。毎月の家賃の入金確認は大家さんの仕事になりますが、そこでもし滞納が起こっている部屋があればその部屋の状況を家賃債務保証会社に連絡するだけで、滞納家賃分を支払ってもらえるという仕組みになっています。滞納の督促行為も家賃債務保証会社が代行してくれますので、金銭トラブルにつきものの煩わしさが有りません。家賃収入がしっかりと計画的に、さらに確実に入ってくれば先々の経営計画をしっかりと立てることができ、経営規模の拡大も行うことができます。